わきが臭対策なら服の素材選びで臭いが違ってくる!

物干しざおで干される洗濯し終わったシャツ

 

わきがを持っている人は経験があるかも知れませんが着ている服によって、わきがの臭い方が違うという事はありませんか?

 

実は、それは気のせいではなく、服の素材によってもわきがは強く臭ったり、逆にあまり臭わなかったりします。どうしてそうなるのか、こちらでその理由をご説明しましょう。

 

3週間でわきがを消す方法があったら知りたくありませんか?

 

わきがは服の素材「天然か化成繊維か」で臭いが違う

実は同じ衣類でも、天然素材の綿やコットン、ウールは体の臭いを吸収するのに対して、化学繊維のナイロン、ポリエステル、アクリルなどは体の臭いを拡散させます。

 

つまり普段から化学繊維の服を着ている人の場合には、わきがの臭いが出やすく周囲の人に迷惑をかけやすくなってしまうのです。

 

逆に綿やコットン、ウールのような天燃素材の服は臭いを吸収して外に漏らしません。

 

例えば、おシメや肌着などは汗やおしっこを吸うのに外には臭いを漏らさないようになっていますよね?

 

あと、綿の代表の浴衣は本来、お風呂に入った後に着て汗や水分を吸収するように考えられた衣服です。つまり、浴衣は和風のバスローブなんですね。

 

だから通気性がよく、快適に過ごせるので夏祭りなどにも着て行かれるようになったのです。

 

綿や、コットン、ウールのような天燃素材は、通気性がいいのに臭いは外に出さない一方で化成繊維素材は、通気性はいいけど、同時に臭いも出してしまう。

 

このような特徴があり、わきがを気にする方は化成繊維よりも天燃素材を選んだ方がいいのです。

肌着や下着にも注意が必要、ヒートテックは臭いを拡散する

近年は、冬でも体温で熱を発生するとしてヒートテックが大流行していますよね?

 

でも、このヒートテックも化学繊維で、体の内部の臭いを拡散する傾向があります。

 

冬場には、ヒートテック素材は、確かに暖かいではありますが、その陰で、汗の臭い、わきがの臭いをドンドン拡散させているという事を覚えておく必要があります。

 

靴下などから臭いが拡散されると、かなりキツイですよね。

化成繊維素材の弱点、わきがの臭いが取れない

また化成繊維素材の服は、幾ら洗濯しても、わきがの臭いが取れないという事があります。

 

これは、繊維の奥に、脂質の汚れが洗濯しても取れずに残ってしまっている事が原因です。

 

特に普通のスポーツウェアよりも、より汗を吸うスポーツウェア、アンダーウェア素材に脂質汚れを取り込んでしまうタイプの素材が多いようです。

 

脂質汚れは、わきがの臭いを発生させる雑菌の食べモノであり、この脂質汚れを分解する過程でわきがの臭いも発生してしまいます。

 

皮脂汚れが残っているという事は、当然、それを餌にする雑菌も残るという事になり、洗ったばっかりなのに、もうわきがの臭いがするという事になってしまうのです。

臭いの取れない化成繊維素材の服の洗い方

幾ら、木綿やコットン、ウールのような天燃素材がよくても普段着ているもの全てを天燃素材にしてしまうのは難しいのでしょう。

 

特に、スポーツのユニフォームなどを考えると全て天燃素材という事はありません。強度や柔軟性等色々な面で化学繊維は体を動かすには適していますからね。

 

そこで脂汚れが残りやすい化成繊維素材の服を扱うには洗濯方法を変えましょう。

 

一番いいのは、重曹のようなアルカリ性の洗剤を使い酸性の脂質汚れを中和して落す事です。

 

ぬるま湯に重曹を溶かしこんで、数十分浸け置き洗いをしてから、洗濯機で洗濯、この場合も化成繊維の場合には洗剤量を10%程大目にするといいそうです。

まとめ

いかがでしたか?

 

ズバリ結論を言いますと、わきがが気になる人は普段は極力天燃素材の服を身につける。そして、化成繊維のヒートテック素材などは、臭いを拡散させるので気をつけることです。

 

そして、スポーツウェアで、より汗を吸収する素材の衣服は、脂汚れが残りやすく、臭いが取れないので、重曹を使った浸け置き洗いを実践するのがいいですね。

 

 

※関連記事

私がわきがの臭いを3週間で消した方法を公開中

わきの臭いを消すクリームおすすめ5アイテム持続性で選ぶならこれ!