わきが(腋臭症)とは?病気なの?臭う原因とは?どんな臭い?

考える女性

 

わきが(腋臭症:えきしゅうしょう)とは、脇の下から悪臭が出ている症状のことです。
遺伝による疾患とも呼ばれたり、症状と名の付くため病気と思われがちですが、一般的に病気という扱いはしません。

 

主に体質として扱われます。

 

ですが、大きな悩みとともに精神的な疾患につながるケースもあります。
わきが自体は命に関わるようなものではありませんが、ストレスなどで精神的な欝などの心療内科の病気の原因にもなります。

 

接客業やサービス業などの方たちにとっては深刻な悩みです。場合によっては、失職する経験された方もいます。

 

そういう意味では一種の疾患とも考えられます。

 

ではそんなわきがの臭いの原因とは一体何なのでしょうか?

 

3週間でわきがを消す方法があったら知りたくありませんか?

 

わきがのニオイの原因とは

脇の下に多く集中している、エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺この3つの分泌腺が臭いが出るカギを握っています。

わきがの原因

 

特に原因となるのがわきが体質の人にのみ存在するアポクリン汗腺です。
イクラと同じくらいの大きさの汗腺類でワキの下や耳の中、女性の乳首や乳輪付近、アソコ(性器)やおへそ周辺など特定の場所に多く分布しています。

 

このアポクリン汗腺から出る汗はドロッとしていて若干白っぽいのが特徴です。
この汗にはタンパク質や尿素と言った臭いやすい物質の他、黄ばみの原因となる色素なども含まれています。

 

わきがってどんな仕組みで臭いが発生するの?

先ほど、わきがには「アポクリン汗腺」という組織が関係していることをご説明しました。
このアポクリン汗腺は持っている人と持っていない人がいるのですが、日本人では約10人に1人がこの汗腺を持っているそうです。
このアポクリン汗腺から出た汗自体は臭いを持ちません。
ただ、わきについている雑菌がこの汗を分解することによって、わきが独特の嫌な臭いが発生すると言われています。

 

わきがって言葉にするとどんな臭い?

「わきがの臭いってどんな臭い?」と疑問に思う方も多いかもしれません。
よく言われるのは
「ツンとした嫌な臭い」
「生乾きの洗濯物の臭い」
「鉛筆を削った時の匂い」
「古くなった洗濯バサミの匂い」
「薄皮が付いた状態の玉ねぎっぽい匂い」

などと表現されていますが、人によってどんな臭いかは違うので、断言はできません。
ただ、言葉にしてみるとこのように形容されます。

 

臭いの強いわきがの方だと、自分だけでなく、周りの人を不快な気分にさせているかもしれません。
そのため、効果的な対策や治療法をとっていきたいですね。

 

わきがとわきがじゃない人がいるのはなぜ?

 

人間が太古、動物だった時の名残で性ホルモンも影響しています。
つまり、分泌腺の数が多い少ないといったこと含めて体質なのです。

 

両親そろってわきがの場合およそ80%、どちらか片方の方がわきがの場合はおよそ50%とかなりの確率で子供にも遺伝します。

 

日本人全体でみるとおよそ10人に1人がわきがだと言われています。

 

わきがにはどんな治療法がある?

わきがの治療法には、その症状の軽さや重さによって様々なものがあります。
比較的症状の軽いわきがの方は、ドラッグストアなどで販売されている制汗スプレーなどのデオドラントグッズで効果が得られます。

 

それでも効かない場合は、塗り薬や飲み薬を使うことによって、わきがの臭いを改善することができます。
より根本的な治療としては、手術をしてわきがの原因となる汗腺を取り除くことが挙げられます。

 

どの方法をとるかは、皮膚科や美容外科などを診察し、医師に相談するのが良いでしょう。

 

まとめ

以上、わきががどんなものなのか、その治療法とともにお伝えしました。

 

わきがは自身では気づかないことも多いそうなので、一度セルフチェックをしてみるのもいいかもしれません。
わきがの臭いは周囲にも不快な思いをさせることもあるので、自身に合った対策や治療をとり、今後の症状の改善につとめたいですね。

 

わきがをセルフチェックする方はこちら

 

 

※関連記事

私がわきがの臭いを3週間で消した方法を公開中

わきの臭いを消すクリームおすすめ5アイテム持続性で選ぶならこれ!