わきが対策なら汗に注目!漢方薬が脇汗を抑えてくれる?!

腕をあげて丸印を作るナース

 

わきが対策を考えるときに注目すべでき点はたったの2点です。

 

それは、「脇汗」「脇の下の原因菌」です。

 

このいずれかをケアすることでわきが臭は押さえることが出来ます。

 

3週間でわきがを消す方法があったら知りたくありませんか?

 

脇の下の原因菌はいくら殺菌しても数時間後には元の数に!

そこで、一般的なデオドラントクリームに目を向けた時に、雑菌の殺菌率99.999%などのキャッチコピーで売られているものを目にします。

 

殺菌率99.999%なんてさぞすごいんだろう!

 

なんて思っていたら、実は、たとえ0.0001%でも残っている限り、分裂を繰り返し、たったの3、4時間で元の数に戻るというのです!

 

1日2日ならまだしも、たったの数時間で元の数に戻るというわけですから、雑菌を殺菌するのはわきが対策としてはなかなか非効率的だと言えます。

 

そこで、やはり脇汗を抑えることに注目してわきの臭いはケアするべきだと言えます。

 

脇汗対策に効果的なおすすめ漢方薬5選!

脇汗の対策として、薬に頼るのもありですが、それは副作用が心配だと思う方も多いと思います。

 

そういう方には、漢方薬が適していると言えます。

 

西洋医学の薬のように劇的な効果は期待できませんが、体全体のバランスを整えるように作用するので脇汗ばかりでなく体の不調全般を治療します。

 

以下、汗の分泌量を減らす効果、またはそれに近い効果がある漢方薬を5つご紹介します。

 

1.玉屏風散(ぎょくへいふうさん)

玉屏風散は、皮膚の機能を高める効果があります。

 

汗腺の開閉を正常にする事で異常発汗のような過度の汗を抑えます。

 

また、皮膚の粘膜のバリア機能を強化する効果もあり風邪や花粉症に悩んでいる方にもオススメできる漢方薬です。

 

2.白虎湯加減(びゃっことうかげん)

白虎湯加減は、体の熱やほてりを冷ましてくれます。

 

体温が平温に戻ると、発汗が促される事がなくなるので脇汗にも効果ありです。

 

また、のどの渇きを抑える効果もあり、暑がりで喉が渇く人やおしっこの量が多い人にも効果を発揮します。

 

3.竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

竜胆瀉肝湯は、体内の水分をコントロールして、余分な水を尿として排出します。

 

これにより、今まで脇汗として流れていた水分が減少して脇汗を抑えられるのです。

 

残尿感や排尿痛、頻尿など、泌尿器のトラブルにも処方されます。

 

4.柴胡加竜骨牡蠣湯 (さいこかりゅうこつぼれいとう)

柴胡加竜骨牡蠣湯は、上半身に汗をかく人に特に有効な漢方薬です。

 

それ以外にも、夜になっても気分が高ぶって寝付けない人は、自律神経の乱れで脇汗が止まらない事もありますが、その場合にも効果ありです。

 

5.五苓散(ごれいさん)

五苓散は、水分を多くとるのに、尿が少ない人に最適な漢方薬です。

 

尿の量を増やして、汗を抑える効果があるほかに、頭痛や吐き気にも対応していて、二日酔いやバス酔い止め薬としても処方されています。

 

まとめ

漢方薬は、個人個人へのオーダーメイドが可能な治療法です。

 

ドラッグストアで購入するのもいいですが、出来れば専門の漢方医に相談して、最適と思われるブレンドをしてもらうとより効き目が強まるでしょう。

 

こうして、脇汗をしっかり抑えることが根本的なわきが対策となります。理屈で言えば、「汗が出なければ臭いはしない」はずですから。

 

とはいえ、生理現象である発汗作用を完全に抑えることは困難です。なので、しっかりと臭いづらい質の汗にするために食事療法は欠かせません。加えて、汗が出てきたときに臭わなくさせるためにデオドラントクリームの使用は必須だと言えます。

 

 

※関連記事

私がわきがの臭いを3週間で消した方法を公開中

わきの臭いを消すクリームおすすめ5アイテム持続性で選ぶならこれ!