リフレアの口コミ「わきがに効果なし」はウソ?本当の効き目は?

リフレア

 

一般用医薬品やスキンケア商品を取り扱うロート製薬が販売元のリフレア。

 

「ワキ、徹底的に、におわせない」をモットーに、お手頃価格で手に入りやすく、使いやすいことから、わきがに悩む多くの方が試してみたい!と思うような商品となっています。

 

一方で制汗効果や消臭効果に対する口コミは様々で、「わきがに効果なし」と回答する方もいます。

 

今回は、リフレアの本当の効き目を確かめるべく、リサーチしました。

 

3週間でわきがを消す方法があったら知りたくありませんか?

 

リフレアは効果なし?実際の口コミを見てみよう!

リフレアの商品には、クリームタイプ・ロールオンタイプ・ジェルタイプがあります。

 

以下にて、リフレアを実際に使用した方の良い口コミ・悪い口コミを見てみましょう。

 

リフレアの良い口コミ

“白いクリームで伸びが良く、香りが爽やかです。クリームタイプの制汗剤は初めてなのですが、指にとってワキに塗ってみると、さらっとしてとても爽やかな感じでベタベタ感もなくスーッと肌に馴染んでいくのがわかります。汗をかいてもしっかり肌に密着して殺菌をしてくれるのでワキの臭いはほとんど感じません。殺菌有効成分W配合で臭いの原因菌をしっかり殺菌してくれるので1日中快適に過ごすこともできました。”

 

“汗を抑える効果はあまり感じませんが、臭いを抑えてくれる効果は凄いです。チューブタイプを使っていますが小さくて持ち運びにも便利です。ドラッグストアなら小さい所でもどこでも売っているので非常に助かります。”

 

“手に取ると、ジェルの様な軽いクリームです。みずみずしく感じるクリームですが、肌に伸ばすと濃厚な感じに変わります。伸ばすと肌にピタッと密着しながら伸びるという感じです。しっかり塗り込む感じで、汗も抑えられる感じがします。殺菌力が強いと刺激が強そうでしたが、刺激もなく肌もしっとりします。お風呂上りにつけて、翌日の夜までサラッと快適です。”

 

“汗をかくと当たり前に汗臭くなる私ですが、こちらを朝つけるだけで、塗りなおしなしでも1日無臭で過ごすことができます。

 

汗を抑える効果はないので、汗はいつも通りかきます。それでも消臭効果が続くことに感動しています。”

 

“効果がどれくらいか、人によって違うと思いますが、私は昼つけて、夜くらいまでは汗のにおいを抑える効果があると感じました。25gのをポーチに入れて、ちょっと気がついた時に塗り直しています。脇の下だけでなく、滝のように汗をかく背中にもつけてみたりしています。”

 

リフレアの悪い口コミ

“多汗症で臭い量共に気になりこちらの口コミが良かったため購入しました。つけた瞬間大量に汗が出てきてしまい逆効果。クリームもベタベタ、スースーして全体的に私には合わなかったです。クリーム自体のにおいも結構キツイ印象です。”

 

“以前スティックタイプのものを使用していましたが、毛穴が白く埋まってしまうのでクリームにしてみました。臭いを抑える効果は申し分ないのですが、肌に塗った瞬間ピリッとした刺激が・・。思わずテッシュでふき取ってしまいました。”

 

“テクスチャはベタベタとしていて、使ったあと手にくっついて中々落ちませんでした。脇につけたあともサラサラになったりせず、ベチャベチャとして不快感が・・。肝心の脇のにおいにも残念ながら効きませんでした。”

 

“脇のニオイ菌を殺菌してくれるらしいのですが、あまり効果はないみたいです。クリームを塗った箇所は少し痒くなってしまいますし、時間がたつとべたつき感がでてきてしまうので、今は使用していないです。

 

スーッとする感じが心地よかったのですが、使用感があまりよくないので、他のを探そうと思います。”

 

“脱毛直後というわけでもないのに、何故かヒリヒリ、チクチク。しみる時も。たまたまかなぁと思い、使い続けていると、脇部分の肌がガサガサに荒れ、毛穴に茶色い瘡蓋が点々と。使うのを止め、肌が元の状態に戻るまで、結構な日にちが掛かりました。クリームは大丈夫でも、リキッドは合いませんでした。合わない成分があったのかな。肌が弱い人は、合わない人がいるかもしれませんので要注意。”

 

リフレアの口コミから見る効果は?

リフレアの効き目は?

 

薬用わきがクリームのリフレア。使用した方の口コミに効果ある/なしの差があるのはなぜか?効果を検証!

 

リフレアの有効成分とは?

多くの方が使っているクリームタイプとリキッドロールオンタイプの有効成分をご紹介。

 

クリームタイプ

リフレアのクリームタイプ

イソピロピルメチルフェノール
ベンザルコニウム塩化物
クロルヒドロキシアルミニウム
その他の成分:臭化セチルトリメチルアンモニウム液・シクロペンタロシロキサン・ポリアクリル酸アルキル・濃グリセリン・エタノール・メントール等

 

ロールオンタイプ

リフレアのロールオンタイプ

 

イソプロピルメチルフェノール
ベンザルコニウム塩化物
パラフェノールスルホン酸亜鉛
その他の成分:臭化セチルトリメチルアンモニウム液・クロルヒドロキシアルミニウム・無水エタノール・ヒドロキシプルメチルセルロール・メントール・エタノール等

 

クリームタイプ・ロールオンタイプに見られる3種の有効成分は、「イソプロピルメチルフェノール」「ベンザルコニウム塩化物」の2種類は同じ成分になっています。

 

イソプロピルメチルフェノールは、殺菌作用・抗菌作用・消臭効果が期待でき、わきがの症状改善に使われる成分。

 

ベンザルコニウム塩化物は、中度〜強度のわきがに存在する細菌を殺すことができる強い殺菌作用の成分。

 

これに汗をセーブする制汗作用と汗と共に排出されるタンパク質を凝固させる収斂作用を持つ「クロルヒドロキシアルミニウム」「パラフェノールスンホン酸亜鉛」をそれぞれに+することで、作られています。

 

有効成分をみると、どちらとも一般的に殺菌・抗菌・制汗に優れた成分を使用しており、通販でしか買うことができない有名な薬用わきがクリームと比べてみても、同じ有効成分が使われているので、期待は持てます。

 

ただ、通販の有名な薬用わきがクリームと比べて、リフレアの効果の違いに差がでるとすれば、その他の成分に、添加物やエタノールなどの成分を多く含んでいるからでしょう。

 

天然成分を使った柿タンニンやポリフェノールなどの消臭・抑臭成分が配合されていないと、有効成分の効果をより引き出す高い効果を期待することができなくなります。

 

殺菌力が非常に高い

上述にて有効成分「ベンザルコニウム塩化物」は非常に優れた殺菌力があると紹介させていただきましたが、まさに市販で販売されているデオドラント剤の中ではとても優秀な成分です。

 

アポクリン腺から分泌された脂質やタンパク質を含む汗を餌とする皮膚常在菌が、汗を食べて分解し、わきが特有の臭いを発生させます。

 

この皮膚常在菌は、「ジフテロイド菌」という細菌で、わきが体質の方に存在する菌です。

 

軽度から中度程度のわきがの場合は、ジフテロイド菌をたくさん繁殖させることはありませんが、重度の場合は、この菌をたくさん繁殖させてしまいます。

 

ジフテロイド菌はかなり強い菌になるので、一般の汗を抑えるだけのデオドラント成分では殺菌することができません。

 

しかし、殺菌作用が非常に強力な塩化ベンザルコニウムならこの菌を殺菌することができます。

 

よってリフレアは、わきがの方にもおすすめできる成分が配合されていますが、逆に肌の弱い方だと、殺菌力が高すぎて肌に負担をかけ、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

 

肌トラブルは、皮脂の分泌量を増やしてしまったり、わきが菌の餌が増える原因を作ってしまうので、結果わきが臭が悪化する場合があります。

 

肌に合わないと感じたら、すぐに使用を停止しましょう。

 

持続性は24時間

デオドラントクリームは、汗や摩擦に強い高密着持続処方で、24時間快適に保てるという持続性があります。

 

口コミに「ベタつく」と回答する方が多くいますが、汗をおとさないよう高密着であることから、そのように感じてしまうのだと思います。

 

正し、汗っかきの方や多汗症の方が使用すると、成分が流れでてしまうので、効果を実感することができないようです。

 

長時間の効果を得たい場合は、汗をかいたらこまめに塗りなおす必要があるでしょう。

 

無香料なので臭わない

わきがに最もNGなものは、香料を含むもの。

 

香料付きのものは、強い香りで臭いをごまかす為であり、香りでわきがの臭いが抑えられない場合、かえって周りに不快な臭いを与えてしまうことがあります。

 

その点、リフレアは無香料タイプなので、付けた後の香りはありません。

 

無香料ではありますが、成分にエタノールが含まれている為、アルコール消毒液のような独特なニオイを感じる方もいます。

 

塗って少したつと、アルコールの臭いはなくなるので、気にする必要はないでしょう。

 

わき以外の体臭や加齢臭が気になる方は、すそわきがを除いて、全身に使用することができます。

 

最終検証!リフレアの効果は実感できる?

リフレアのの効果は

 

コスパ良し!持ち運び便利!と気軽に試すことができるリフレアは、

 

汗の臭いを抑えたい方や軽いわきがの方。汗っかきではなく、軽い汗をかく方。

 

手軽なデオドラント剤を使用したいとお考えの方に一押ししたい商品です。

 

このような方であれば、殺菌力・制汗力に問題なく、十分に効果を実感することができます。

 

また効果とは違いますが、用途によってもチュウブとバーがあるクリームタイプやロールオンのリキッドタイプ、ミストタイプと好きな商品を選ぶことができ、家用・外用と分けて使うことができるので、とっても便利だと思います。

 

反対に、リフレアをおススメできない方は、脇汗をかきやすい多汗症の方。

 

重度のわきがの方。敏感肌の方。べたつくクリームが好みでない方です。

 

リフレアの特徴は、殺菌力が強いことですが、それゆえに敏感肌の方はかゆみがでてしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

そして、重度わきがの細菌を殺せる殺菌力がどんなに勝っていても、制汗力や持続力がもたなければ、消臭効果に期待がもてません。

 

なぜなら、制汗力の効果を発揮させる天然成分が含まれていないので、ある程度の制汗力はあっても、多汗症の方には効き目がないようです。

 

重度のわきがの方や多汗症の方は、有効成分の効果を最大限に引き出す天然成分を配合したお肌に優しいもの!且つ1度つければ塗り直しの必要がない商品を選ぶようにすると良いでしょう。

 

 

※関連記事

【体質改善】私がわきがの臭いを3週間で消した方法を公開中

消臭クリームを持続性で選んだらこの5アイテムが段違い!