わきがに効くイソプロピルメチルフェノールってどんな成分?

わきがクリームを手に出す女性

 

わきがクリームやニキビケア製品、水虫ケア製品の成分表を確認してみると、その多くにイソプロピルメチルフェノールという成分が配合されていることがわかります。

 

わきがの原因菌はコリネバクテリウム、ニキビの原因はアクネ菌やマラセチア菌、水虫の原因菌は白癬菌(はくせんきん)です。

 

この部分を考えると、どうやらイソプロピルメチルフェノールという成分には、殺菌作用がありそうですね。

 

それでは、イソプロピルメチルフェノールとはどのような成分なのか、もう少し詳しく見て行くことにしましょう。

 

3週間でわきがを消す方法があったら知りたくありませんか?

 

イソプロピルメチルフェノールのわきがへの効果とは?

脇の下を気にする女性

 

イソプロピルメチルフェノールとは、防カビ効果、殺菌効果、除菌効果を持つ成分で、わきがケアクリームやニキビケア製品、水虫ケア製品、その他の医薬部外品、化粧品などに幅広く用いられています。

 

わきがの原因菌であるコリネバクテリウムやニキビの原因となるアクネ菌やマラセチア菌、水虫の原因となる白癬菌は非常に繁殖力が高く、放置しておくとあっという間に皮膚上を占領してしまいます。

 

このような状態になってしまうと、身体を洗ったり洗顔をしたくらいでは、これらの菌を死滅させることができなくなり、殺菌力の高い成分を配合した医薬部外品や化粧品でケアを行う必要性が出てきます。

 

ここて、イソプロピルメチルフェノールの出番です。

 

前述の通り、イソプロピルメチルフェノールに高い殺菌力を持った成分ですので、わきがやニキビ、水虫の原因となっている菌に対して、高い殺傷効果を発揮します。

 

イソプロピルメチルフェノールの安全性は?

デオドラントクリームを指につけている

 

イソプロピルメチルフェノールは、低臭性、低刺激性であるという特徴を持っており、よほどのことがない限り、この成分によって皮膚が炎症などのトラブルを起こす可能性の心配はないと考えられています。

 

ところが、イソプロピルメチルフェノールが本来持っている殺菌力は非常に高いため、使用する分量を誤ってしまうとアレルギー反応が現れることがあります。

 

ただし、市販されているイソプロピルメチルフェノール配合の医薬部外品や化粧品の場合では、その配合量が0.1%以下、医薬品の場合では10.3%以下と定められていますので、これらの使用によりアレルギー反応が起こることはまずないでしょう。

 

イソプロピルメチルフェノール配合製品でのケアのタイミング

指を立ててポイントを示す女性

 

それでは、イソプロピルメチルフェノールが配合されている製品を使用しての、ケアのタイミングについて考えてみることにしましょう。

 

まずはわきがについてです。わきがの原因菌は、わきが体質の方の場合では、シャワーやお風呂からで出た直後から臭いが出てくることがあるのではないかと思います。

 

ということは?まず、シャワーやお風呂から出た直後、タオルドライ後に間髪入れずケアを行う必要があるということです。

 

これによって、たとえ汗などの体液が分泌されてきたとしても、既にイソプロピルメチルフェノールが皮膚上に存在しているわけですから、原因菌はなかなか繁殖することができず、そのため、臭いの発生も抑えることができます。

 

そして、朝起きた時にも必ずケア行いましょう。

 

寝ている間に脇汗を大量にかいてしまった場合では、アルコール配合のデオドラントシートなどでいったん汗を拭い、そこへイソプロピルメチルフェノール配合のケア製品を塗ります。

 

次にニキビケアですが、まず、夜の洗顔後に1回付けておきます。

 

そして、問題は朝ですが、朝も洗顔後に1回付け、化粧下地やファンデーションはなるべく付けないことがベスト。

 

ですが、赤ニキビなどは特に目立ちますので、ファンデーションなしでは気になりますよね?

 

そのようなときには、ミネラルファンデーションまたはベビーパウダーを軽くニキビ部分に乗せておきましょう。これだけで、赤ニキビがずいぶん目立たなくなります。

 

最後に、水虫のケアについてです。これもまた、シャワーやお風呂から出た直後にケアを行いましょう。

 

また、水虫の原因菌は湿度が大好きで、湿度が多い環境ほど、その繁殖力を高めます。

 

湿度が少ない環境を作るには裸足で過ごすことがいちばんですが、パンプスなどを履かなければならない状況では、それは不可能です。

 

そのようなときには、デオドラントシートとイソプロピルメチルフェノール配合のケア製品持参で外出しましょう。

 

そして、足のムレが気になったときに、トイレなどでこっそりデオドラントシートで汗を拭い、ケア製品を付けておきます。

 

そして、忘れてはならないのがパンプツなどの靴の内部のケアです。

 

靴の内部が湿っている状態で放置しておくと、そこで白癬菌や雑菌が繁殖してしまう恐れが出てきます。

 

パンプスなどの靴は最低でも2足は用意しておき、履かない日にはアルコールスプレーで除菌を行ったのち、風通しの良い場所で陰干ししておきましょう。

 

イソプロピルメチルフェノール配合のケア製品はどこで買える?

ドラッグストアや薬局、通販で購入することができます。

 

ドラッグストアや薬局に薬剤師さんがいる場合には、「イソプロピルメチルフェノール配合のケア製品」と告げれば、適切なケア製品を紹介してくれますよ。

 

また、こちらのサイトでご紹介している、管理人おすすめのわきがクリームのトップ4まで(海露以外)にイソプロピルメチルフェノールは配合されています。

 

 

※関連記事

私がわきがの臭いを3週間で消した方法を公開中

わきの臭いを消すクリームおすすめ5アイテム持続性で選ぶならこれ!