ハーブはわきが対策に使える!塗っても飲んでも効くってホント?

ホットグラスに入ったハーブティー

 

健康のためにノンカフェインのハーブティーを飲んでいるという人も多いと思いますが、ハーブはわきがにも良いのをご存じですか?

 

ハーブはわきがに塗ってよし、飲んでよし。とってもいい成分が配合されているのです。

 

私が食事療法と〇〇を組み合わせて3週間でわきがの臭いを消した方法をご紹介しています

 

わきがに塗ってよし、ハーブの効能とは?

ハーブには殺菌作用があるものがたくさんあります。たとえばリコリス、タイム、ローズマリー、コリアンダー、フェンネルなど。

 

わきがの原因はアポクリン腺から分泌される脂質とタンパク質を多く含んだ汗と、それを分解する皮膚常在菌です。この悪玉皮膚常在菌はいわゆる雑菌なので、これを除去することができればわきがの匂いを防ぐことができます。そこでハーブを使います。

 

粉末にして塗り込むという方法は直接的で役に立ちますが、洋服が汚れてしまうのが難点です。できれば濃く煮出したハーブ液をガーゼなどよく吸収する布に浸して、軽く絞ってから脇の下に当てましょう。

 

数分、押しつけるように当てておくと雑菌の増殖を防ぐことができます。

 

またこれらのハーブをお風呂の入浴剤として使うこともできます。ハーブを麻の袋などに入れて湯船に入れてもいいでしょう。脇や足の裏など気になるところに摺りこむようにすると効果的です。

 

またそれぞれを凝縮させたエッセンシャルオイルを湯船に落とすのも効果があります。凝縮しているので数滴で効果が出るのはコストパフォーマンス的にも嬉しいですね。もちろんアロマオイルとしても使えるので、リラックス効果や美肌効果も得られます。

 

そのほか、カンゾウ、オレガノ、セージなどにも殺菌成分があります。

 

私が食事療法と〇〇を組み合わせて3週間でわきがの臭いを消した方法をご紹介しています

 

ハーブは飲んでも効果的!おすすめアイテム4つ+α

わきがはアポクリン腺から分泌する汗が原因ですが、この汗は肉や乳製品など欧米化した食事を控えることで汗の質が良くなります。またアポクリン腺の近くにある皮脂腺からは皮脂が分泌されます。

 

皮脂に含まれる脂肪酸は活性酸素と結びつくことで、過酸化脂質に変わって汗の質を悪くします。この汗の質は腸の状態にも密接に関係しています。腸の状態が良いと活性酸素の分泌が抑えられるので、汗の質が良くなるのです。

 

ハーブはこの整腸に役立ちます。消臭というよりは体調を整えてわきがを軽減する役割ですね。以下、特におすすめの4アイテムをご紹介します。

 

1.フェンネル

フェンネルは細長い形をした種を使うハーブですが、食べれば腸の動きを刺激して便秘を解消します。肉料理などの使えるので、肉を食べるときには一緒に使ってみてもいいでしょう。

 

2.ミント

ミントはよくご存じではないでしょうか。歯磨き粉などにも配合されているスーッとする小さな葉です。これも料理に使えますが、お茶として飲むことができます。フェンネルと同じく腸の動きを刺激するので便秘を解消します。

 

3.カモミール

カモミールティーもいいでしょう。カモミールは胃腸の調子を整えますが、リラックス効果や不眠症にも効果があるので、総合的に体調を整えてわきがの匂いがひどくなるのを防ぎます。

 

4.タンポポ

タンポポにはゆるやかな下剤作用があります。また利尿作用があるので、余分なものの排出を促すことができます。タンポポコーヒーが有名ですが、根を乾燥させて刻み、お茶として飲むタンポポ茶もあります。

 

5.その他

その他、レモングラスにも整腸作用、カモミール、ハイビスカス、ローズヒップにも利尿作用が期待できます。ティーバッグで売っているものも多いので、いろいろな種類を試してみるのもいいですね。

 

ハーブティーはわきがにも効果がありますが、香りもよく、いろいろな効果が期待できるので、体の調子を整えるためにも利用したいですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。少し意外と思われるものもあったかと思いますが、ハーブはわきがに塗ってよし、飲んでよし。

 

様々な効果がありました。副作用もない自然の安心な素材なので、気軽にいろいろ試してみてくださいね。

 

 

※関連記事

私がわきがの臭いを3週間で消した方法を公開中

わきの臭いを消すクリームおすすめ5アイテム持続性で選ぶならこれ!