わきが対策は夏よりも冬の方が大事かも?!

マフラーを首に巻く女性

 

私達は、冬より夏場の方が、汗を掻いている気がしますし、体もべたべたしています。

 

しかし、それはただのイメージなのであって、現実には、冬の方が人は汗をかいているのです。わきがを気にしている人は、夏場ばかりではなく実は冬のわきがケアが大事になります。

 

3週間でわきがを消す方法があったら知りたくありませんか?

 

夏場より冬のほうがわきがを感じるのはどうして?

一見すると、夏の方がわきが対策は大変なイメージがありますが、実は冬のほうが、わきがは大変なのです。

 

その理由は身にまとっている衣服にあります。

 

夏場の衣服は薄手で、体の中にこもった熱を外に放出できるように工夫されています。一方で冬の衣服は逆に、体の熱を外に出さないように断熱効果に優れたものになります。

 

冬場は、それに加えて厚着をするので、体の熱が体内に留まります。

 

それは同時にわきがのニオイも衣服の中に留まるという事を意味しているのです。わきがの人が夏よりも冬場に、わきがを意識するというのは、こういう理由があります。

 

冬の方がわきが臭が気になるもう1つの理由とは?

私達は、冬よりも夏のほうが大汗をかくので夏場のほうが代謝が高いと思いがちです。ところが、実際には、冬のほうが基礎代謝が高くなるのです。

 

その理由は気温の低さになります、生命を維持するのに必要な体温を産み出す為に体はカロリーを燃やし続け、その結果、代謝は高くなり、汗もかいているのです。

 

その事を覚えておくと、冬のわきがに対応するのがずっと楽になります。

 

人が多い所に行く時には、通気性がある衣服を着て、室内に入ると、上着はさりげなく脱ぐという癖をつける事で大量発汗してもわきがの大量発生を防ぐ事が出来るでしょう。

 

暖房が利いた室内には、厚着でははいらず、一度、上着を脱いでおいて、汗が引いて体が慣れてから着るというのも大量発汗を抑えます。

 

冬のわきがを予防するなら気をつけたいのが食事

前項では、冬は基礎代謝が夏より高いと書きました。と言う事は、冬場に激しく発汗するような食事を取ると、汗がとまらなくなる恐れがあります。

 

一番よくないのは、たんぱく質が多い食事を摂ってしまう事です。実はたんぱく質とは、糖質の5倍という熱量を持っているので、食べている側から汗だくになってしまう恐れがあります。

 

たんぱく質が多い食品は、豚、牛、鶏のような肉類や乳製品、あさりなどの魚介類が主になっています。

 

それを考慮にいれて、冬場に誰かと食事をする時には、たんぱく質や脂質が多い食品を避けるというのも大事だと言えます。

 

冬のわきが対策なら水分を摂る!運動をして汗腺の機能を上げる!

長い冬の間、ほかにわきがの対策はないのかというと、もう2点ほどあります。その一つは、水分をこまめに摂るという事です。

 

水分=夏というイメージがありますが、冬の代謝は夏を上回るので、実際には、水分不足に陥っている場合が少なくありません。

 

特に汗は、体内の水分が少ないとより濃縮されてしまい、臭くなります。

 

これがわきがの汗の場合にはなおさらそうです。そうならないように、特に飲みたくなくても定期的に水分を補給しましょう。

 

そして、もう一つの冬のわきが対策は、運動を通して汗腺を鍛える事です。体を動かして、汗腺の機能を高めると、水分が多いサラサラの臭くない汗がかけます。

 

運動が苦手という方は、少しお金がかかりますが、サウナなどはどうでしょうか?

 

普段から汗をかきやすい体にする事で、水分が多く不純物が少ない汗をかけるようになれば自然に、わきがのニオイも軽減されるという事になると思います。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

冬場は夏場以上に、わきがを持っている人には辛い季節ですが、その対策方法を活用していけば、いたずらにそれを恐れる必要もありません。

 

御自身にとって、無理なくできる所から、わきがの冬対策を始めてみてはいかがですか?

 

 

※関連記事

私がわきがの臭いを3週間で消した方法を公開中

わきの臭いを消すクリームおすすめ5アイテム持続性で選ぶならこれ!