わきが対策にも効果的!塩化アルミニウムの効能と副作用

わきの下の臭いを嗅ぐ女性

 

気温が高くなってくると、汗をかきやすくなるのを気にする人も多いでしょう。
中でもわきがで悩む人にとっては、臭いの強さにかかわってくるだけにより敏感になっているのではないでしょうか。

 

そんなあなたのオススメしたいのが、市販の制汗剤に含まれている成分でもある塩化アルミニウムです。
なぜ塩化アルミニウムがわきがに効果的なのか、使用する場合の注意点は何なのかについて説明していきましょう。

 

3週間でわきがを消す方法があったら知りたくありませんか?

 

わきがの臭いは汗で繁殖する細菌が原因

塩化アルミニウムの効能について説明する前に、なぜわきがになってしまうのかについて説明しておきましょう。
わきがの原因のひとつは汗です。ただ、汗といって大きく分けて2種類のものがあります。汗を出す汗腺のうち、エクレン腺から分泌されるものと、アポクリン腺から分泌されるものです。

 

両者の違いは、エクレン腺から分泌されるものが基本的に水分と塩分からなっているのに対し、アポクリン腺から分泌されるものはそれ以外にも四肢やタンパク質などを含んでいるということです。

 

誤解がないように書いておきますと、汗そのものはどちらも無臭で、それ自体が臭いを発するわけではありません。

 

汗の成分を栄養にして繁殖する細菌がおり、その細菌の分泌物が臭いの原因なのです。コリネバクテリウムという細菌はアポクリン腺から分泌される汗に含まれる脂質を養分として繁殖しており、この時に細菌から分泌される物質の臭いがわきがの原因になっているのです。

 

では、なぜこの細菌が全身で繁殖しないのかといえば、アポクリン腺がわきをはじめとする特定の部位にしかないからです。その部位でしか悪臭のする物質を出さないため、結果としてわきそのものが臭うように見えてしまうというわけです。

 

※関連記事

わきがの臭いを消すならコレ!〜たった3週間で無臭生活?!〜

 

塩化アルミニウムがわきがに効果がある理由

では、なぜ塩化アルミニウムはわきが対策に効果を発揮するとされているのでしょうか。

 

まず、塩化アルミニウムには汗をかくのを抑える効果があるのです。なぜ汗が抑えられるのかというと、塩化アルミニウムによって汗腺の出口をふさぐことができるからです。

 

出口がふさがってしまえば汗が出る場所がなくなってしまうので、汗そのものが出る量を減らすことができるというわけです。実際、塩化アルミニウムは医療機関で手汗多汗症の治療にも使用されているほどで、効果の方はお墨付きいっていいでしょう。

 

上にも書きましたが、わきがの原因となる細菌は、アポクリン腺から分泌される汗の成分がなければ増殖することができません。

 

細菌の栄養分を元から断ってしまうことで増殖を防ぎ、わきが独特の臭いの原因となっている細菌の分泌物を減少させることで、わきがの臭いを軽減させるというわけです。

 

さらに、塩化アルミニウムには殺菌効果もあるのです。

 

何度も書きますが、わきがの臭いは汗そのものに臭いではなく、汗を栄養分として増殖する細菌が発する臭いです。臭いの原因となっている細菌そのものを退治してしまえば、汗そのものは無臭なので、臭いが減少するという仕組みです。

 

つまり、細菌の栄養分を減少させるとともに、細菌そのものをやっつけるという相乗効果でわきがの臭いを減らしていくことができるのが、塩化アルミニウムがわきが防止に効果があるとされる理由なのです。

 

※関連記事

脇汗を抑える方法6選!わきの臭い対策なら脇汗ケアが重要!

 

塩化アルミニウムは副作用が確認されている?!

ただ、塩化アルミニウムも万全ではありません。医薬品とは基本的にそういうものだといってしまえばそれまでなのですが、副作用があることが確認されているのです。

 

まず、上にも書きましたように、塩化アルミニウムは汗腺の出口をふさいでしまうことで汗が出るのを止めてしまいます。

 

汗腺で汗がつくられているのに、それを無理矢理出さないようにすることで汗を減らしているわけですから、冷静に考えるとこれって結構無茶な対策です。当然のことながら、分泌された汗は汗腺にたまっていくことになってしまいます。

 

その結果「汗疱」という小さな水ぶくれができてしまうことがあります。

 

これは汗腺に汗がたまった結果、できてしまった水ぶくれなのです。汗疱ができてしまった時の対策は、塩化アルミニウムの塗布をやめる以外にありません。幸い、1週間程度で完治するのですが、その間は塩化アルミニウムが使えなくなってしまうのは痛いところです。

 

また、塩化アルミニウムが肌荒れを起こす原因になってしまうケースがあることも分かっています。

 

これは塩化アルミニウムが汗の水分と反応して、塩酸を作りだしてしまうからなのです。

 

塩酸は強酸の一種で、肌に付着するとただれてしまいます。たとえ少量であっても、肌が弱い人の場合は荒れてしまう原因になってしまいます。こちらも使用中止以外に対策はありませんので、肌が弱い人は気を付けて使用する必要があるのです。

 

結論をいえば、塩化アルミニウムはわきが対策に効果はありますが、使用法については十分に注意する必要があるということになります。上記の副作用が起きたら直ちに使用を中止するなど、あなたの体と相談しながら使っていくのがいいのではないでしょうか。

 

 

※関連記事

私がわきがの臭いを3週間で消した方法を公開中

わきの臭いを消すクリームおすすめ5アイテム持続性で選ぶならこれ!